最先端の医療技術、生体ガラス軟骨

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

医療

ビル

最先端の医療技術、生体ガラス軟骨

3Dプリンターの登場は、現在でも様々な分野に大きな影響や変革をもたらしています。中国ではひとつのビルを全て3Dプリンターで出力した部材を使って組み上げるという猛者も現れました。このことは、単なる面白ニュースというだけではなく、これまでの建築分野における発想を根本的に覆すインパクトを与えたとされています。同じように医療分野においても、このような画期的な試みが数多く行われています。生体ガラス軟骨もそうした試みから生まれた成果の一つです。この3Dプリンターによって出力される生体ガラス軟骨の登場によって、怪我の治療に対して大きな変革をもたらすものと期待されています。その特徴としては、軟骨の再生を助けるものであり、かつ自己再生能力を持っている点にあり、膝のように軟骨が再生しない部位への応用が期待されています。以前から研究されていた技術ではあるのですが、3Dプリンターの登場によって生産コストが大きく下がり、より現実的な医療技術となってきました。

ビル